top of page

4/17(水)東京・国分寺「カフェスロー 」/丸山 茂樹 * きむらのりこ BIRTHDAY LIVE 音×踊 〜うまれたひ、うまれるひ。〜






*************


8年前、友人に誘われて丸山茂樹の音楽ライブに足を運んだきむらのりこ。

私がいのちを舞うことを続けていた日々に、“ 音楽を聴くとは、こういう事か “ と、

このライブを通して音を感じることの歓びに深く出逢い、そこからご縁が始まりました。


旅の中で、大自然の中で、人とのご縁の中で、奏でることや舞うことでそれぞれの旅路を歩み、時には東京や安曇野で場を共にしました。

今、この日を迎えられることが嬉しいです。


4月18日


同じ日にこの世界に生まれ、出逢った2人。

この誕生日の前日に、地球を想う優しさ溢れるカフェスローにて、日々の風景や出逢えた歓び、これからの未来にむけて皆さんと一緒に祝福できましたら、幸いです。


企画から関わり、フライヤーの絵も描いてくれたななみちゃんの森の珈琲、

te ao te poさんの蝋燭、walk alongさんのお菓子を添えて、

この日限りの丸山茂樹の音楽と、きむらのりこの踊りをお楽しみ下さい。


*************



丸山 茂樹 * きむらのりこ

BIRTHDAY LIVE 音 × 踊

「 うまれたひ、うまれるひ。」


2024.4.17 (Wed)

19:00 Open / 19:30 Start

前売 ¥4,200 + 1drink オーダー

当日 ¥4,500 + 1drink オーダー

(中高生 前売り¥2,500、当日¥3,000)

(小学生以下無料)


〈ご予約〉


会場: カフェスロー

東京都国分寺市東元町2-20-10

(西武/JR国分寺駅南口より徒歩5分)


出店

えほんとコーヒー うーたん(森の珈琲) 【予約制】

walk along (焼き菓子)

te ao te po (蝋燭)


※森の珈琲をご予約頂いた方も、カフェスローのドリンク1オーダーは必須になります。

◆森の珈琲をご予約希望される場合、時間枠に沿ってお越し頂くことをお願いしております。

19:00-/19:10-/19:20-

21:10-/21:20-/21:30-

名前、杯数(お一人様一杯まで)、第一希望/第二希望のお時間を下記のInstagramのDMにてご連絡ください。

お時間は先着順での受付になります。


●会場でのお食事について🍱

事前予約制にてオーガニックお弁当2種類をご用意しております。ぜひ開演前にいかがでしょうか。

① ヴィーガンスローBOX 1,400円税込

<内容>主菜、季節野菜の付け合わせ(例:菜花、季節の甘酢漬け)、さわのはな玄米ごはん、そして人気のひたし豆。カフェスローの看板メニュー「スロープレート」をお弁当BOXに詰め込みました。

② 国産全粒粉・車麩カツの海苔弁当 1,000円税込

<内容>国産全粒粉車麩カツ、季節野菜の付け合わせ、さわのはな玄米ごはん、海苔。豊かな芳香の焼きのりを、昆布醤油に浸し、もっちり炊き上げたさわのはな玄米にのせました。より多くの方にカフェスローのお食事を楽しんでいただけるよう、ヴィーガンスローBOXより内容量は少なめですが、人気の車麩カツを主菜に手の届きやすいお値段でご用意いたしました。こちらもヴィーガン対応です。


*季節により内容が異なります。

*お弁当の申込締切:4月10日(水)

*当日2杯目からのドリンクはキャッシュオンでご購入いただけます。

*通常のカフェ営業メニューはございません。


〈お問合せ〉

きむらのりこ : nxk4872@gmail.com



〜プロフィール〜


【丸山茂樹】

兵庫県神戸市出身。

アコースティックギター、ネイティブアメリカンフルート、トンコリ、口琴、三線など様々な楽器と声で、日本全国内・世界各地へ旅をし、出会いを大切に、人・自然・思いをつなげる演奏を全国各地で展開。

『なにかしらバラバラになってしまっている今を、​丸山茂樹の音楽を通して取り戻したい。』

『人・自然・思いをつなぐかけ橋になりたい。』

『ただ伝えるだけでなく、考えてもらう音楽を追求したい。』

丸山茂樹の音楽を通して、新しい考えが生まれるきっかけをつくりだしたいと表現し続けている。

独特な感性から生まれる造形的な言葉と音色によって、多くの人々を魅了している。

現在は東京を拠点に、様々な演出やプロデュース活動でも活躍中。


【きむらのりこ】

長野県松本市出身。

二十歳、マレーシアのある施設で心臓が動く以外何もできなくなってしまった少年と出会う。「目がある、手がある、足がある。私の今、目の前に広がるこの世界はなんだろう。」と、その心臓の鼓動を聴きながら問い、生きていることの奇跡を完全即興の踊りを「いのちの舞」と名付け表現し始める。全国各地でアーティストとコラボしながら、大自然や人、空間を感じてそこに生まれる音で舞うことを日々続けている。

長野県安曇野市にある幕末から人が暮らし続ける祖父母の古民家で「喫茶 常念」を ”いのちを迎える処”としてひらく。2020年より毎年9月11日に、音楽ライブとマルシェのフェスを主催「今心フェス」。


【walk along (ウォーク アロング)】

walk alongでは、"世界の家庭の焼き菓子"をグラスフェッドバターを中心にできるだけ自然な素材を使用し、素材の美味しさを生かしてお作りしています。農薬や添加物などの化学物質を避け、体が消化できる自然に近いもの、美味しいものをひとつずつ厳選し、お菓子にして皆様にお届けします。


【te ao te po】

『日々を紡ぐ灯り』

暮らしに在って心地よいと感じるものを

蝋でしつらえる手仕事

豊かな四季を巡る信州の暮らしから生まれた蝋燭

四国で生まれ瀬戸内の海を見ながら育った。空と地を分ける鋭利な稜線、世界が凍る氷点下の冬、突然訪れる鮮明な春……今は全く違う松本から見える世界に暮らし、蝋燭を紡いでいる。


【ななみ】

カフェスローホールスタッフ

1年半暮らした長野県安曇野市で、「えほんとコーヒー うーたん」という屋号でお店を持たずに森のコーヒーを淹れる活動を始める。

マルシェに出店したり、表現する仲間とコラボしてイベントをひらいている。

うーたんはインドネシア語で森。

パートナーの出身地、インドネシア・ボルネオ島の森を上空から眺めた記憶から、森をつくり生産者の暮らしを支えるコーヒーを選び大切に淹れている。

Comments


​Category
Tags
​Archive
bottom of page