「具体」について。

今日、とある打ち合わせの流れで、
久々に大学院での研究テーマであった「サウンドスケープ(音風景)」について、記憶を呼び起こしていた。

「サウンドスケープ」とは、カナダの作曲家R・マリー・シェーファーが、環境の中における音の存在を表現するものとして提唱された言葉である。音の世界にも風景や景色があるという前提のもと、世界的に使われている。
視覚の陰にあり、日常では無意識化しがちな私たちの景観や環境への聴覚的感性や思考を喚起しようとするものである。

この研究をしていく中で、僕は「場所」と...

Please reload

​Category
Please reload

Tags
​Archive